taccuino della foppa

アクセスカウンタ

zoom RSS Usual suspects step up for Team USA

<<   作成日時 : 2017/11/10 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


Sep 29, 2014
Usual suspects step up for Team USA

Back in May, everybody who follows the WNBA was looking toward one climactic showdown: the defending champion Lynx against what turned out to be the ascending champion Mercury.
Minnesota and Phoenix were two teams so stocked with talent and noted for good chemistry it seemed inconceivable anybody else could possibly win the 2014 championship. That proved to be the case, with the Mercury fighting their way past the Lynx in the Western Conference finals and then sweeping Chicago in the WNBA Finals.

遡る事5月、WNBAを見守っている誰もが、決戦に目を向けていた:前回優勝チームのLynx対上昇気流に乗ったチャンピオン・Mercury(という結果になったもの)。
Minnesota and Phoenixは、タレントが非常に揃っていて、(チーム)ケミストリーの良さで有名な2チームだったので、他の誰かが、2014 championshipを獲得出来るとは想定しにくいように思われた。後になって、そうだとわかった−Mercuryが、Western Conference finalsで、どうにかこうにか、Lynxを通り抜け、WNBA Finalsで、Chicagoを一掃して。

It was a month ago Sunday -- Aug. 31 in Minneapolis -- that we had the best game of the entire WNBA postseason: An 82-77 Lynx win that displayed the superstars on both teams and showed a national audience the WNBA at its finest.
That's what Serbia saw Sunday when it gave a great effort at knocking off the FIBA World Championship favorite United States. The "big three" from both the Mercury -- Diana Taurasi, Brittney Griner, Candice Dupree -- and the Lynx -- Maya Moore, Lindsay Whalen, Seimone Augustus -- combined were just too much for Serbia.

1ヶ月前の日曜日−Aug. 31、Minneapolisで、WNBA postseason全体の中で、最高の試合があった:両チームのスーパースター達を見せびらかし、国内の観客に、究極のWNBAを見せたLynxの(Phoenixに対する)勝利(82-77)。
日曜日−FIBA World Championshipの本命・United Statesを負かそうと多大な努力を注いだ時に、Serbiaが見たのは、それである。Mercury−Diana Taurasi, Brittney Griner, Candice Dupree−、Lynx−Maya Moore, Lindsay Whalen, Seimone Augustus−の双方からの”ビッグ3”を合わせると、Serbiaには、手に負えなかった。

The Americans' 94-74 victory essentially guarantees them a flawless record in Group D play, as they go against far-overmatched Angola in the third game Tuesday (ESPN3, 2:30 p.m. ET). The toughest test in group play was expected to be Serbia, and that proved to be the case. It took until the fourth quarter for the U.S. team to put away the win, and it was the Mercury-Lynx combination that led the way in preventing the upset.

アメリカの勝利(94-74)は、本質的に、非の打ち所がないグループ予選の記録を保証している−火曜日の第3試合では、はるかに実力が下回るAngolaと対戦するから。グループ予選でもっともきついテストは、Serbiaだと予期されていたし、後になって、そうだとわかった。第4Qになって、U.S.チームが、勝利を奪ったし、予期せぬ結果を阻止する時に道案内したのは、Mercury-Lynxの組み合わせだった。

Taurasi led Team USA in scoring with 20 points, and Moore added 17 points and 12 rebounds. Griner had 10 and 10. Whalen and Augustus each had eight points.
"It was a tough game," Taurasi said. "Every possession was a battle. They made us work on defense. There are some things we probably got to clean up. These games are good for us."

Taurasiは、20 pointsで、Team USAを先導し、Mooreが、17 points and 12 reboundsを付け加えた。Grinerは、10 points and 10 reboundsだった。Whalen and Augustusは、それぞれ8点だった。
Taurasi曰く:”きつい試合でした。どのポゼッションも、戦いでした。彼女達は、私達をディフェンスに取り組ませました。おそらく、きちんと整理する事が出来たものがいくつかあります。これらの試合は、私達にとって、ためになります”。

Credit goes to Serbia, no doubt. U.S. coach Geno Auriemma said before the game that the Serbs worried him, and you could see why, with how well they played for much of Sunday's contest.
Serbia led 21-17 after the first quarter, and soon after, Moore, in particular, stepped forward. At the 7:10 mark of the second period, with the Americans trailing 28-24, Moore did what Moore does.

功績は、Serbiaのものである、間違いなく。U.S. coach Geno Auriemmaは、試合前に、Serbsは、彼を心配させていると述べたし、(あなたは)その理由がわかったかもしれない−試合の大半で、セルビアが、どれだけいい試合をしたかで。
Serbiaは、第1Qの後、21-17でリードし、その直後に、とりわけMooreが、(得点のために)名乗り出た。第2Qの7:10で、アメリカが28-24の遅れを取っていた中、Mooreは、務めを果たした。

She made a 3-pointer ... got a defensive rebound ... made another 3 ... made another 3. It was a one-woman scoring burst in a little more than a minute and was what the Americans needed to get the rhythm back in their offense. They outscored the Serbs 32-21 in the second quarter and took a 49-42 lead at halftime, and it seemed maybe the underdogs had given it their best shot.

彼女は、3ポイントを決め・・・ディフェンス・リバウンドを取り・・・また、3ポイントを決め・・・また、3ポイントを決めた。それは、1分あまりのうちにほとばしった個人得点で、アメリカがオフェンスでリズムを取り戻すのに必要としていたものだった。第2Qは、Serbsよりも多く点を取って(32-21)、ハーフタイムで、49-42のリードを取ったし、もしかすると勝ち目のない人達が、全力を尽くして試合をしてみたように見えた。

In fact, Team Serbia wasn't done pushing the Americans yet. The Serbs retook the lead midway through the third quarter, 57-56, and kept it tight through the rest of the period. This time, the key U.S. player was Whalen, who was the most consistent player for the Lynx in their postseason.
Whalen came in at the 4:17 mark of the third quarter and had six points in the period, after which the United States led 70-64.

実際、Team Serbiaは、まだアメリカにせっつくのを終えたわけではなかった。セルビアは、第3Qの途中で、リードを取り戻し(57-56)、残りのピリオドを通して、それをしっかりと保った。今回、極めて重要だったアメリカ人選手は、Whalen−postseasonで、Lynxにとって、最も一貫性があった(ムラがなかった)選手−だった。
Whalenは、第3Qの4:17で、(コートに)入り、そのピリオドで、6得点だった。その後、United Statesが、70-64でリードした。

At that point, were the Americans a little worried? Sure, but then it was Mercury time. Or more specifically, Taurasi time. Just as she did so well in the WNBA playoffs, Taurasi was big in the fourth quarter.
In the Americans' opener Saturday against China, Taurasi actually looked kind of weary, which is understandable at this point in the marathon she has been running since the start of the WNBA season. But she summoned her best for the last quarter Sunday and scored 13 of her 20 points in the final 10 minutes.

あの時点で、アメリカ人は、ちょっと心配していたのだろうか?確かに。しかし、その後は、Mercuryの番だった。あるいは、もっと明確に言えば、Taurasiの番だった。WNBA playoffsで、非常に上手くそうしたように、Taurasiは、第4Qで、すごかった。
Chinaとの開幕戦では、Taurasiは、実際、ちょっと疲れているように見えた−それは、WNBA seasonが始まってから、彼女が走ってきているマラソンのこの時点では、理解可能である。が、日曜日、最後のクォーターで、彼女はベストを尽くし、最後の10分で、(彼女個人の)13/20点を記した。

No doubt the Lynx players liked the view of Taurasi's crunch-time mastery better this time than they did in Game 3 of the West finals.
What Auriemma has to like from the fourth quarter was not just Taurasi's offensive surge, but also his team's defensive clamp down. Serbia scored just 10 points in the final period.

間違いなく、Lynxの選手達は、今回の方がGame 3 of the West finalsよりも、Taurasiがピンチの時を克服する眺めを気に入っていた。
Auriemmaが、その第4Qから好まざるを得ないのは、単にTaurasiのオフェンスの躍進だけではなく、チームのディフェンスの締め付けだった。Serbiaが、最終ピリオドに記したのは、僅か10点だった。

Defense is the Americans' main concern in this tournament. It's the most difficult thing to perfect with a group of players who -- as a unit of 12 -- have spent relatively little time together.
"We have to keep getting better, defensively," Auriemma said. "Our offense is going to be there. We're going to score points every night. We have too many good players."
Indeed, they have the Best of the West.

ディフェンスは、この大会におけるアメリカの主な懸案事項である。12人の単位(まとまり)として、一緒に過ごす時間が比較的少ない選手達のグループだと、最も完成させ難いものである。
Auriemma曰く:”ディフェンス的に、よくなり続けなければなりません。オフェンスは、そこにあるでしょう(問題はないでしょう)。毎晩、点を記すでしょう。いい選手があまりにもたくさんいますから”。
本当に、彼女達には、西海岸の最高の選手(達)がいる。

http://www.espn.com/wnba/story/_/id/11607917/usual-suspects-step-team-usa-win-serbia


27 luglio 2016
Phoenix Mercury’s Diana Taurasi defines era in WNBA, playing her way

I grew up in the Diana Taurasi era of women’s basketball.
Before Diana, there was Lisa. Sheryl. Cynthia. In the WNBA’s 20 short years, it seems strange to say that these were players I was too young to know. But in 1997, when the WNBA got its official start, I was just six years old. I didn’t truly understand what a player meant to the game until a few years later, when Diana Taurasi came along and became my first real basketball memory.

私は、女子バスケットのDiana Taurasi時代の中で育った。
Diana以前には、Lisa. Sheryl. Cynthiaがいた。WNBAの短い20年間に、私があまりにも若すぎて知らなかった選手がいると言うのは、奇妙なように見える。が、1997年−WNBAが公式にスタートした時、私は、たった6才だった。数年後−Diana Taurasiが現れて、実在する最初のバスケットの思い出になるまで、選手が試合にとって何を意味するのか、本当にわかっていなかった。

At the time, the WNBA was still searching for its identity, tiptoeing around the precarious balance of attempting to promote players based on both subtle femininity and blunt athleticism. But in 2000, when Taurasi came roaring through at UConn, she had something about her that young, impressionable girls were hardly used to seeing in the world of women’s basketball, or, for that matter, in women’s professional sports. Standing at 6’0 tall, 185 pounds with size thirteen feet, Diana wasn’t just athletic.

その時、WNBAは、まだアイデンティティを探していた。繊細な女性らしさとぶっきらぼうな競技中心主義の両方を基盤にした選手達を宣伝しようとする不安定なバランスの周囲をそっとつま先で歩いていた。しかし、2000年−Taurasiが、UConnで咆哮を響かせながらやってきた時、彼女は、若くて、感受性の強い女の子達が、ほとんど女子バスケットの世界で、あるいは、ついでに言えば、女子のプロ・スポーツで見るのに慣れていなかったものを持っていた。身長6フィート、体重185ポンド、サイズ13フィートでありながら、Dianaは、単に運動神経が発達しているだけではなかった。

Diana Taurasi was the first true badass of women’s sports.
I close my eyes and I can still see it: the look on my father’s face as he leans forward, urging me to pay attention to this girl from Chino, this brash, in-your-face athlete who carried herself with a swagger and confidence loud enough to ensure the world took notice.

Diana Taurasiは、女子スポーツで最初の本物のすご腕だった。
目を閉じても、いまだに見る(思い出す)事が出来る:父親が前に乗り出して、Chino出身の女の子、この気が強くて、大胆不敵なアスリート、威張った態度で、自信を持って、世界が気付くのに十分な大声で振る舞った彼女に、注意を払うように促す父の顔つき。

She was a shock to the system―a girl who could pull up for the jumper like Kobe, curse and play with an ego so big it could rival even the “bad boys” of the Detroit Pistons in their heyday, and take to the hardwood as if it were the streets of Argentina that her family came from. Diana’s games were fights she was bound to win, even if it meant getting her hands a little dirty or picking up a technical along the way.
“There she is,” my dad would say, pointing at the TV when UConn played on ESPN. “Diana. The floor general. Watch her. Just watch.”

彼女は、システムへの衝撃だった:Kobeのようなジャンプ・シュートで引き寄せ、口汚い言葉を言い、非常に大きな自尊心(うぬぼれ)を持ってプレーする事が出来たので、全盛期にいたDetroit Pistonsの”悪ガキ達”にさえ匹敵出来た程だし、あたかも、そこがArgentinaの通りであるかのように、硬材(フロア)に飛び出す事が出来た。Dianaの試合は、勝とうと決意していた戦いだった−たとえ、それが、ちょっと手を汚すか、途中で、テクニカル・ファウルをもらう事を意味していたとしても。
”そこに、彼女が”−と、UConnがESPNで試合をしている時、TVを指差しながら、父は言ったものだった。”Dianaが。司令塔が。彼女を見て。ただ見て”。

The killer mentality
When the Phoenix Mercury drafted Diana in 2004, then general manager of the Mercury Seth Sulka mentioned that–at the time–what separated Diana was her killer mentality. It was something that he had never seen before, period. Not in the men’s game, and certainly not in the women’s game.
“She’ll rip your jugular out on the court,” he said. “I mean, she’s the nicest person and has a great smile, but . . . that’s the ultimate defining factor.”

Phoenix Mercuryが、2004年にDianaをドラフトした時、MercuryのGM・Seth Sulkaは、その時、Dianaを(他から)区別しているものは、killer mentalityだと言及した。
それ以前に見た事がないものだった。男子の試合で、勿論、女子の試合でも(見た事がなかった)。
”彼女は、コートで頸部を引き裂くでしょう。つまり、彼女は非常に素敵な人だし、素晴らしいスマイルを持っているけれど・・・あれは、究極の決定的要因です”−と、彼は述べた。

Mention to Diana that the same killer mentality that sets her apart as a female athlete has relegated her to the position of the resident bad girl of the WNBA, and she gets a good laugh. But when she’s reminded of the time she gave Seimone Augustus a kiss on the cheek during live play to defuse a potential fight on the floor, or when she commented that lowering the rims in the WNBA would be the equivalent of sending the league’s female players “back to the kitchen,” or her unparalleled record of technical fouls, she owns it. This is simply the role she’s stepped into.

Dianaに、女性アスリートとして、彼女を際立たせているのと同じkiller mentalityが、彼女を、WNBAの不良少女というポジションに追いやっていると口にすると、彼女は爆笑する。しかし、彼女が、フロアでの潜在的な戦いを和らげるために、生中継の試合中に、Seimone Augustusの頬にキスをした時の事、あるいは、WNBAで、リングを下げる事は、リーグの選手達を”台所へ戻す”のと同義だろうとコメントした時の事、あるいは、前代未聞のテクニカル・ファウルの記録を思い出さされると、それは自分がやった事だと認めている。これは、単純に彼女が足を踏み入れた役割である。

“Some people don’t like it,” Taurasi told Excelle matter-of-factly about her perceived role in the league. “Some people love it. But I’m not going to be fake, or be someone I’m not. It’s something that I haven’t tried to be. It just happened.”
But how it happened is another story.

”好まない人もいるし、好きな人もいます。しかし、私は偽物、ないし、自分ではない誰かになるつもりはありません。そうならないようにしてきた事です。ただ、そうなっただけです”−と、Taurasiは、リーグで認識されている役割について、事務的に述べた。
しかし、それがどういうふうに起きたかは、また別の話である。

Argentinian, Italian, Taurasian
On a Sunday afternoon following the Mercury’s down-to-the wire overtime win against the New York Liberty at Madison Square Garden, Taurasi sits in the visitor’s locker room. She’s fielding questions from the media members clustered around her, waiting in anticipation for one of her signature off-the-cuff quotes.
Assistant Coach Todd Troxel, a figure within Taurasi’s inner circle who’s coached her both for the Mercury and with her Russian club, bursts through the doors of the locker room.
“Argentinaaaaaaa,” he bellows loudly, waving two Argentinian national team soccer jerseys over his head. The Argentinian team is set to play that afternoon at MetLife Stadium. He tosses a jersey to Taurasi, who is half Argentinian. She immediately launches into a loud, off-tune rendition of the Argentinian national anthem, and by the time she leaves the arena, she’s swapped her Mercury gear for the Argentina jersey.

日曜日の午後、最後まで大接戦が続いたNew York Libertyとの延長戦勝利の後、Taurasiは、訪問チームのロッカールームに座っている。彼女は、周囲で一団になっている報道陣からの質問を上手くさばき、期待しながら、印象的なぶっつけ本番の引用を待っている。
Assistant Coach Todd Troxel−Taurasiの排他的小集団の中にいる人物−は、ロッカールームのドアから突然現れる。
”Argentinaaaaaaa”−と、Argentinianのサッカー代表チームのジャージを手で振りながら、彼は大声でわめく。アルゼンチンのチームは、その日の午後、MetLife Stadiumでプレーする事になっている。彼は、ジャージをTaurasiに投げる。彼女はすぐに、大声で、不調和なアルゼンチンの国歌を歌い始め、アリーナを去る時までに、Mercuryの服装とArgentinaのジャージを交換している。

http://www.excellesports.com/news/phoenix-mercury-diana-taurasi-defines-wnba/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Usual suspects step up for Team USA taccuino della foppa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる