taccuino della foppa

アクセスカウンタ

zoom RSS Shine

<<   作成日時 : 2017/11/11 08:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


June 13, 2017
Shine

Washington Mystics guard Ivory Latta is one of the most prolific three-point shooters in WNBA history. So it isn’t surprising that she found herself in unfamiliar territory during her first game playing with Elena Delle Donne during DC’s opener in mid-May against the San Antonio Stars. Namely: She’s never been that wide open.
“No, no, no, and I have to get used to that,” Latta says, with a smile that suggests she’s not going to mind the process. “I’m so used to somebody running at me. And a couple of times I caught the ball, looked around, and, Oh shoot, I’m wide open! What? And then a teammate shouting, Shoot it! Well, OK!”
Latta’s experience was hardly unique. And it’s vital to understand that the acquisition of Delle Donne does more than just give the Mystics the hope of reaching the highest level the franchise ever has in its checkered history. The Mystics now have an opportunity to reinvent the offensive ceiling for WNBA teams.

Washington Mystics guard Ivory Lattaは、WNBA史上最も3ポイントの得点能力が高いシューターの一人である。だから、San Antonio Starsとの開幕戦で、初めてElena Delle Donneと一緒にプレーしていた間、慣れないテリトリーにいたのは、驚くべき事ではない。すなわち:彼女は、そんなにフリー(相手マークがいない状態)ではなかった。
”いえ、それに慣れなければなりません”−と、Lattaは言う。その過程を嫌だと思わないだろうと示唆する笑顔で。”誰かが私に襲いかかってくるのには、慣れっこです。2-3回、ボールをキャッチし、周囲を見渡して、シュート、フリー!えっ?それから、チームメートが、Shoot it! Well, OK! と叫んでいだ事がありました”。
Lattaの経験は、さほどユニークではなかった。Delle Donneの獲得は、フランチャイズがその波乱に富んだ歴史の中で、Mysticsに最高のレベルに達するという希望を与える以上の事をしている、と理解する事が不可欠である。Mysticsには今や、WNBAのチームに、オフェンスの上限を作り替えるチャンスがある。

“It feels and seems new and different,” Delle Donne says of the Washington attack while sitting on the bench as the crowd, heavily influenced by Delaware residents who traveled a short distance to watch the Wilmington native, files into the Verizon Center before a game. “I’m used to having that set called, so this is new and different. It’s very much what Geno [Auriemma] had us doing with USA Basketball. So you need to have that high IQ, trust in your teammates. I think there’s going to be some growing pains, but once we get it, I think it’s going to be really hard to defend.”

”新しくて、違った感じがするし、そういうふうに見えます”−と、Delle Donneは、ベンチに座りながら、
Washingtonの攻撃について述べる。”あのセット(オフェンス)が呼び出されるのに慣れているので、これは、新しくて、違っています。Geno [Auriemma]が、私達に代表のバスケットでさせていたものそのものです。だから、高いIQを持ち、チームメートを信用する必要があります。産みの苦しみはいくらかあるだろうと思いますが、いったん手に入れれば、本当に守り難くなるだろうと思います”。

The biggest reason for this is Delle Donne, of course. She is 6-5 and shoots with elegance and efficiency. And her size, frame and dazzling array of moves, either in the post, penetrating down the lane or simply shooting over people in the midrange, make her impossible to stop.

この最大の理由は、勿論、Delle Donneである。身長196センチ、優雅に、そして、効果的にシュートを打つ。サイズ、体格、まばゆいばかりの多数の動き−ポスト、レーンを突破する、あるいは、ただ単に、ミッドレンジにいる人達の上からシュートを打つ時の−は、彼女を止められなくさせている。

From the time Chicago took her with the second pick in the 2013 Draft, the Sky’s game plan revolved around Delle Donne’s offense, most effectively during a 2014 run to the WNBA Finals. In 2015, the Sky posted the best offensive rating in the League, and Delle Donne posted a player efficiency rating of 32.75—the third-best single season total in the history of the WNBA—en route to MVP honors. So even before she forced her way to Washington this offseason by threatening to sit out the upcoming season if she was not dealt, Delle Donne had been an offensive force the League had never seen.

Chicagoが、2013 Draftで、彼女を2位指名で選んだ時から、Skyのゲーム計画は、Delle Donneのオフェンスを中心に展開した。2015年、Skyは、リーグ最高のoffensive ratingを(記録として)出し、Delle Donneは、MVPへ向かう途中、PER 32.75(選手の貢献度をはかる)−WNBA史上、通算で3番目に良かった(http://www.basketball-reference.com/wnba/leaders/per_season.html)−を(記録として)出した。だから、このオフシーズンに、トレードに出されなかったら、来シーズン、参加しないと脅す事で、強引にWashingtonへ向かう前でさえ、Delle Donneは、リーグがこれまでに見た事がない攻撃戦力だった。

There simply isn’t a weakness in her offensive game. She can score from anywhere, against any defender. Foul her, and she sinks free throws at a 93.8 percent clip, best in League history (Mystics head coach Mike Thibault says there is a $25 fine for any player who commits a lane violation when she’s at the line). Her strength and handle make reaching in a foolish endeavor, anyway—her 6.2 turnover percentage is also, yes, the best in League history.

単純に言って、彼女のオフェンスには、弱みがない。どこからでも、どんなディフェンダーに対しても得点出来る。彼女にファウルをすれば、93.8%−リーグ最高(Mystics head coach Mike Thibaultは、彼女がラインにいる時に、FTバイオレーションを犯した選手には、$25の制裁金が科されると言う)のペースで、FTを沈める。とにかく、彼女の強さ、ボールさばきは、愚かな試みに達する(make reaching in a foolish endeavor)−6.2 TO%も、リーグ史上最高である。

And the aesthetics of it all are just remarkable. Watching her drag two, three defenders with her down the lane as she goes to the basket is an exercise in absurdity. She’s playing a different game than everybody else.
In 2016, 15 WNBA players had at least 30 possessions in isolation, per Synergy. EDD finished with 1.206 points per possession, by far the best in that situation of anyone in the League. She had 97 such possessions. The next highest total? Atlanta Dream forward Angel McCoughtry at 64.

その美的感覚(美意識)は、まさに注目に値する。彼女がバスケットへ行く時、2-3人のディフェンダーをレーンから引きずりおろすのを見るのは、愚の練習である。彼女は、誰とも違った試合をしている。
Synergy(分析ツール)によると、2016年、WNBAの15人には、アイソレーションで少なくとも、30のポゼッションがあった。EDDは、1.206 points per possessionで終わった−そういう状況では、群を抜いて最高である。そういうポゼッションが97回あった。次に多かったのは?Atlanta Dream forward Angel McCoughtryで、64回。

Delle Donne simply had to carry her Sky team offensively, one heavy lift at a time.
“I don’t think it was good for her game to be put in—Hey, go to the elbow in the fourth quarter and try to score every time down or we can’t win,” Thibault says of Delle Donne’s time in Chicago. “Now she knows if she gets double-teamed, and she swings the ball, there are going to be people who can make shots. And she knows the ball will come back around. If you give the ball up, it’s not going to die in someone’s hands. It’ll come back.”

Delle Donneは、単に、オフェンスで、Skyを支えなければならなかったし、同時に重いリフトを支えなければならなかった。
Thibault曰く:”(Chicago時代に)第4Qにエルボーへ行って、毎回、得点を記そうとして。でなければ、私達は勝てない−と言われるのは、彼女の試合にとって、良かったとは思いません。今、彼女は、ダブル・チームされたら、ボールを(他の人へ)回すし、シュートを決められる人達がいるだろうと知っています。そして、ボールが(巡り巡って)戻ってくるだろうという事も。ボールを引き渡しても、誰かの手の中で死ぬわけではないでしょう。また戻ってくるでしょう”。

But it doesn’t have to—that’s the remarkable thing about the roster Thibault’s built around her. Consider that three of the top four three-point shooters from last season all play for Washington now. Emma Meesseman, a top-20 player in her own right, led the League with 44.8 percent. Delle Donne was third, at 42.6 percent. And Kristi Toliver, the combo guard who helped the L.A. Sparks to a 2016 title, shot 42.4 percent.

しかし、必ずしもその(ボールが戻ってくる)必要はない−それが、Thibaultが彼女を中心に据えて構築しているロースターについて、注目すべきところである。昨シーズンの3ポイントのトップ3/4が全員、今、Washingtonでプレーしている事を考えてみよう。Emma Meesseman−自分の能力でトップ20入りしている選手−は、44.8 percentで、リーグを先導した。Delle Donneは、42.6 percentで、第3位だった。Kristi Toliverは、42.4 percentだった。.

Those stats are eye-popping in isolation. But consider that each of the three did this while playing on separate teams. Now, after Delle Donne and Toliver joined Meesseman in Washington, all three are on the floor at once, spacing, creating impossible choices for opposing defenses to make.
“I mean, there were moments where Elena was inside, and there was nobody,” Meesseman recalls after the opener. “And we’re going to have to get used to that. Because everybody can shoot, everybody can drive. So it’s amazing that there are so many options.”

それらの統計は、isolationで目を見張らせる。が、3人それぞれが、別々のチームでプレーしながら、これを成し遂げた事を考えて欲しい。今や、Delle Donne and ToliverがWashingtonでMeessemanに加わって、3人全員が、一斉にフロアにいて、味方と適度に空間を開けて、対戦相手がディフェンス出来ない選択肢を作っている。
”つまり、Elenaがインサイドにいる時があったのに、(マークは)誰もいなかったという事です”−と、Meessemanは、開幕戦の事を思い出す。”それに慣れなければならないでしょう。というのも、誰もがシュートを打てるし、誰もがドリブルでゴールに進めるから。だから、非常にたくさんの選択肢があって、素晴らしいです”。

It’s something fans will appreciate once in the door, but the person who will bring them there is Delle Donne. The reality is that despite 20 years in the League, the Mystics have never broken through either on the court or in the crowded DC sports landscape. A pair of decades without a WNBA Finals appearance is part of the reason why, but only a part.

それは、ファンがいつか、(体育館の)扉の中で高く評価するであろうものである。が、彼らをそこへ連れて行く人は、Delle Donneである。実際には、Leagueに20年いるにも関わらず、Mysticsは、一度もコート上で(難関を)突破した事もなければ、満員のDCのスポーツ風景の中から現れた事もない。WNBA Finals出場なき20年が、その理由の一部だが、それは一部でしかない。

The franchise, at long last, has a marketable star to build around, an undisputed giant of the game. An Olympian, a former MVP and someone in the prime of her career. Moreover, in Delle Donne, the Mystics have a Nike athlete and someone with the understanding of how the branding game works. She’s represented by a well-respected agency; she’s worked closely with The Players’ Tribune; she can rattle off the marketing statistics and challenges the WNBA faces more easily than the League’s own marketing department.

そのフランチャイズは、やっとの事で、(EDDという)中心に据えて構築すべき人気のあるスター、誰もが認めるゲームの巨人を手に入れた。オリンピック出場選手、元MVP、キャリア全盛にいる人。さらに、Delle Donneで、Mysticsには、Nikeの(シグネチャー・モデルを契約している)アスリート、ゲームのブランド化がどう機能するのかを理解している人がいる(事になる)。彼女には、大変尊敬されている代理人がいる;The Players’ Tribuneと密接に協同している;League自身のマーケティング部門よりも容易に、WNBAが直面しているマーケティングの統計(情報)、課題をスラスラと言える。

Delle Donne is sufficiently talented enough to force DC to take notice of her, and savvy enough to take advantage when it does.
And that’s without taking home court advantage into account. Emma Meesseman is a great player, but former Vice President Joe Biden didn’t take the time to write her a letter, the way he did to Delle Donne when the Mystics acquired her. Part of that is their shared Delaware roots.

Delle Donneは、DCが彼女に注目せざるを得ない位十分に才能があるし、(それを)役立てる時にそうするのに十分な位機転がきく。
ホームコート(地元)のアドバンテージは考慮されていない。Emma Meessemanは、素晴らしい選手だが、アメリカ合衆国第47代副大統領・Joe Bidenは、Delle Donneを獲得する時に彼女にそうしたように、彼女(Meesseman)に手紙を書く時間を取らなかった。その(理由の)一部は、彼女達がDelawareのルーツを共有しているからである。

“I knew the Delaware faithful would travel,” she says. “Mother’s Day, doesn’t matter, that’s my crew, my family. I mean, literally a home game. Delaware doesn’t care that it’s two hours—it’s a home game.”
But the accomplishments Delle Donne has piled up by age 27 are the primary reason for all the attention.

彼女曰く:”Delawareの忠実なファンは、旅してくれるだろうと知っていました。母の日(開幕戦があった日)なんて、問題ではありません。(ファンは)私の仲間であり、家族なのです。つまり、文字通り、ホーム・ゲームだという事です。Delawareは、(DCまでの)2時間を気にしません−(DCで行われていても)ホーム・ゲームなのです”。
しかし、(彼女が)注目を独占している主な理由は、Delle Donneが27才までに積み重ねている業績である。

Now, she has a supporting cast to help her reach what she said is her foremost goal: a WNBA title. As Meesseman said, these are multi-faceted offensive talents, particularly Meesseman and guard Tayler Hill. The court awareness of the group has already made quick work of the concern in some corners that the team lacked a true point guard. In their first game, seven players collected assists, and Meesseman, essentially playing the 4 most of the time, led the team.

今、彼女には、最大の目標だと彼女が述べたものに到達するのを助けてくれる脇役がいる:WNBAのタイトル。Meessemanが述べたように、この人達は、オフェンス的に多面的なタレント達である−とりわけ、Meesseman and guard Tayler Hillは。グループである事を自覚する事で、早くも、懸案事項を手早く片付けている−チームには本当のPGがいないという苦しい立場の中で。初戦で、7人がアシストを集め、Meesseman−本質的には、大抵の場合、PFでプレーしている−がチームを先導した。

“Their basketball IQ is so high,” Delle Donne says about her teammates. “Kristi will see things and make a quick alteration in the middle of a play, and it makes such a difference. So to be able to play with people like that is super exciting. Coach doesn’t really have us running set offenses. He is just putting us in places and making reads.”

Delle Donne曰く:”彼女達(チームメート)のバスケットボールIQは、非常に高いです。Kristiは、事態を見て、プレーの真っ最中に、すぐに調整するだろうし、それが非常に(大きな)違いを作っています。だから、そういう人達と一緒にプレー出来る事は、すごく(人を)わくわくさせます。コーチは、実際、私達にセット・オフェンスを実行させません。彼はただ、私達を所定の位置につかせ、(プレーなどを)読んでいます”。

There is another side to the game, of course, and that’s at the defensive end. Thibault is of two minds about it. He’s been pleased by how quickly the Mystics are catching on to his defensive scheme and believes it will all come together eventually. But he also believes to contend for a championship, the Mystics cannot simply outshoot opponents. Since 2010, every WNBA champion has finished in the League’s top-three in defensive efficiency.

勿論、試合にはもう一つの面があり、それは、defensive endである。Thibaultは、それについて決めかねている。彼は、彼のディフェンス構想についてのMysticsの飲み込みの早さを喜んでいるし、最終的にはいい方向に進むだろうと信じている。が、championship競争をするには、Mysticsは、単に相手よりも多くのシュートを打つだけではダメだとも思っている。2010年以来、どのWNBAチャンピオンも、defensive efficiencyでは、リーグのトップ3で終っている。

Thibault said that Delle Donne and Meesseman will share rim-protection duties. EDD regularly ranks top-10 in the League in block percentage, though Thibault said he doesn’t want to waste her energy by consistently forcing her to guard physical centers. He’s convinced that collectively, it will be enough, and it has to be.

“I think we’ve still got to be a top half of the League defensive team,” Thibault says. “I don’t think you win in the pressure of playoff games if you don’t have that mentality. It helps to have more weapons on offense, but you need to have a field goal percentage difference between offense and defense if you’re going to be that team.”

Thibault曰く:”私達はいまだに、League defensive teamの上位半分にならなければいけないと思います。そういうメンタリティがないと、playoff戦のプレッシャーで勝てないと思います。それは、オフェンスでもっと武器を持つ手助けになりますが、そういうチームになるつもりなら、攻守でFG%が違っている必要があります”。

There is a model that argues otherwise: Diana Taurasi’s ’09 Mercury managed to land last in the League defensively, but deployed four three-point shooters at 40 percent or better (Taurasi, Tangela Smith, Temeka Johnson and Penny Taylor) en route to a trophy. Whether that can work in a league where both Minnesota and Los Angeles perform at elite levels on both ends, no one can say, though it seems unlikely.
But like Taurasi in her prime, the Mystics have a featured star to call for the ball in big moments. And she isn’t alone.

別の論証モデルがある:Diana Taurasiの’09 Mercuryは、ディフェンスでは、リーグ最下位に着地したのに、トロフィーの道すがら、40%以上の3ポイント・シューターを4人(Taurasi, Tangela Smith, Temeka Johnson and Penny Taylor)配備した。Minnesota and Los Angeles共に、両エンドで、一流のレベルで上演しているリーグで、それが機能しうるのかどうか、誰も(何とも)言えないけれども、ありそうもなさそうに見える。
しかし、全盛期のTaurasiがそうだったように、Mysticsには、大切な時にボールを呼べる看板スターがいる。彼女は、一人じゃない。

“When you have four, five people on your team that aren’t afraid of the moment, then you’ve made that transition,” Thibault says. “I don’t think you’d have Elena here without others who already weren’t afraid of the moment. Tayler’s not afraid of the moment, Kristi’s not afraid of the moment, Ivory’s not afraid of the moment. They’re willing to take big shots and live with the consequences.”

Thibault曰く:”チームに、そういう時を恐れない人が4-5人いると、変化を遂げます(you’ve made that transition)。既に、そういう時を恐れなかった他の人達がいなければ、ここにElenaがいたとは思いません。Taylerは、その時を恐れていないし、Kristiも、Ivoryもそうです。彼女達は、大事な場面でのシュートを打ち、結果を受け入れる用意が出来ています”。

The postgame locker room after the 89-74 win over San Antonio was as giddy as you’ll see, a group that believes its ready to do what no DC team ever has: reach the WNBA Finals, let alone win it. The Mystics scored more than 88 just five times last season, and Thibault and his team rightly believe their first game was a mere baseline, not close to the peak this group can reach.
Still, in action, as her fianceè, father, brother, niece and collection of Delaware natives who think of her as family all watched, Elena Delle Donne was feeling like she’d put herself precisely where she wanted to be.

San Antonioに89-74で勝った後のロッカー・ルームは、やがてわかるように、舞い上がっていたし、DCチームがこれまでにした事がない事をする準備が出来ていると信じているグループだった:WNBA Finalsに到達し、それに勝つ事は言うまでもなく。Mysticsが、昨シーズン、88点以上を記したのは、たった5回だけだった。Thibaultとチームは、初戦は、単なる基準(基礎)でしかなかった、このグループが到達出来るピークには程遠かった、と正当に確信している。
とはいえ、活動中、フィアンセ、父親、兄弟、姪、彼女を家族だと思っているDelawareの近親者の一群が見守っていた時、Elena Delle Donneは、まさに自分がいたかった場所に自分がいるように感じていた。

“I knew this team had great chemistry, but when you get here and you feel it and you experience it, it’s even better than what I had imagined,” Delle Donne says. “It’s so fun to play with so much talent and so many options and never feel like you truly have to force because that next pass is better than forcing something. It’s exactly what I was hoping for and even more.”

Delle Donne曰く:”このチームには、素晴らしい(チーム)ケミストリーがあるのは知っていたけれど、ここに来て、それを感じ、それを経験すると、想像していたものよりもずっといいものです。こんなにも多くのタレントと一緒に、こんなにも多くの選択肢がある中でプレーし、本当に無理をする必要がないように感じるのは、非常に楽しいです。というのも、その次のパスは、無理に何かをするよりもいいものだから。それは、まさに私が望んでいたもの、それ以上で(さえありま)す”。

http://www.slamonline.com/wnba/elene-delle-donne-mystics-interview/#vUoPf8ZDFu87KGOF.99

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Shine taccuino della foppa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる